(大容量)デキサメタゾン
  • (大容量)デキサメタゾン
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

(大容量)デキサメタゾン

更新日:
※人間用医薬品です。
デキサメタゾンは、免疫系疾患、炎症系疾患、アレルギー疾患などの治療に使われる薬です。
このデキサメタゾン錠は0.5mgの錠剤が大容量に入っているのが特徴です。
関節リウマチ、気管支系の病気、腎臓病、耳鼻咽喉系の病気、膠原病、重症の新型コロナウイルス感染症など多くの疾患に対しての治療に使用されています。
  • 炎症系疾患
  • 免疫系疾患
  • アレルギー疾患

有効成分:デキサメタゾン

ご注文

(大容量)デキサメタゾン 0.5mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
1000錠
11,400(111錠あたり
342
カゴに入れる

成分一覧

デキサメタゾン0.5mg

商品詳細


商品の特長

・何度も購入する必要がない、1本1000錠入り!
・自宅で治療ができる
・炎症系、免疫系、アレルギー疾患などに広く使われている
・有効成分デキサメタゾン(ステロイドの1種)
・重症の新型コロナウイルスの治療に使われている



ぽちたま薬局で取り扱っているデキサメタゾン配合の医薬品
・『マキシデックス0.1%点眼液』(犬猫用、人間にも適用あり)
・『デキソリール点耳薬』(犬猫用)
以上とは異なり、デキサメタゾンは人間専用のステロイド内服薬です。

炎症やアレルギー性疾患に有効な薬


炎症をしずめたり、免疫系疾患をおさえたり、アレルギー性の症状を改善する作用があります。

デキサメタゾンの特徴


デキサメタゾンは、合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)の1種で、免疫を抑制する作用、アレルギーを抑制する作用、炎症を抑制する作用がある事で知られています。

厚生労働省の「COVID-19診療の手引き」では、日本国内で承認されている医薬品の中でも、新型コロナウイルスの薬物療法に効果のある薬として紹介されている薬です。
呼吸器サポートが必要なほど重症の患者以外では、効果が確認できていません。
しかしそれでも、ステロイド薬の中でも新型コロナウイルスの治療に高い評価を得ている薬といえます。
報道では被験者の中で重大な副作用がおきた人はいないとのことなので、入院できないのときのために常備しておく分には問題ないでしょう。

有効成分の含有量が多ければ、1度に服用する錠数をへらす事ができます。
服用錠数が少ない方が良い方は以下のデキサメタゾン錠もどうぞ。
デキサメタゾン・ジェネリックデキサメタゾン・ジェネリック
4mg40錠 3,300円


デキサメタゾンとは違いまだ議論が必要な薬ですが、イベルメクチンもコロナ治療への使用に関して注目されています。
ぽちたま薬局ではイベルメクチンも取り扱っています。
イベルメクチンイベルメクチン
4錠 1,700円





デキサメタゾンの効果


(大容量)デキサメタゾンの、有効成分デキサメタゾンは、国内処方薬ではデカドロンという薬に配合されています。
デキサメタゾン配合の薬には、以下の効果があります。

・内分泌腺の病気
慢性副腎皮質機能不全、急性副腎皮質機能不全、副腎性器症候群、亜急性甲状腺炎、甲状腺中毒症、甲状腺疾患による悪性眼球突出症、ACTH単独欠損症、下垂体抑制試験、特発性低血糖症、下垂体抑制試験

・リウマチ性の病気
関節リウマチ、若年性関節リウマチ、リウマチ熱、リウマチ性多発筋痛、強直性脊椎炎

・膠原病
エリテマトーデス、全身性血管炎、多発性筋炎、強皮症

・腎臓病
ネフローゼ、ネフローゼ症候群

・心臓病
うっ血性心不全

・気管支系の病気
気管支喘息、喘息性気管支炎

・アレルギー性の病気
薬剤その他の化学物質によるアレルギーや中毒、血清病

・感染症
重症感染症

・血液の病気
溶血性貧血、白血病、顆粒球減少症、紫斑病、再生不良性貧血

・消化器系の病気
限局性腸炎、潰瘍性大腸炎、重症消耗性疾患の全身状態の改善

・肝臓の病気
劇症肝炎、胆汁うっ滞型急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変

・肺の病気
サルコイドーシス、びまん性間質性肺炎

・結核性の病気
肺結核、結核性髄膜炎、結核性胸膜炎、結核性腹膜炎、結核性心のう炎

・神経系の病気
脳脊髄炎、末梢神経炎、筋強直症、重症筋無力症、多発性硬化症、小舞踏病、顔面神経麻痺、脊髄蜘網膜炎

・悪性の腫瘍
悪性リンパ腫または類似疾患、好酸性肉芽腫、乳癌の再発転移

・低血糖
特発性低血糖症

・原因不明の発熱

・外科的な病気
副腎摘除、臓器・組織移植、侵襲後肺水腫、副腎皮質機能不全患者に対する外科的侵襲

・毒に対する処置
蛇毒、昆虫毒

・婦人科系の病気
卵管整形術後の癒着防止

・泌尿器系の病気
前立腺癌、陰茎硬結

・皮膚の病気
湿疹・皮膚炎群、痒疹群、蕁麻疹、乾癬及び類症、掌蹠膿疱症、扁平苔癬、成年性浮腫性硬化症、紅斑症、IgA血管炎、ウェーバークリスチャン病、粘膜皮膚眼症候群、レイノー病、円形脱毛症、天疱瘡群、先天性表皮水疱症、帯状疱疹、紅皮症、顔面播種状粟粒性狼瘡、アレルギー性血管炎及びその類症、潰瘍性慢性膿皮症、新生児スクレレーマ

・眼の病気
内眼・視神経・眼窩・眼筋の炎症性疾患の対症療法、外眼部及び前眼部の炎症性疾患の対症療法で点眼が不適当又は不十分な場合、眼科領域の術後炎症

・耳鼻咽喉系の病気
急性・慢性中耳炎、滲出性中耳炎・耳管狭窄症、メニエル病及びメニエル症候群、急性感音性難聴、血管運動性鼻炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、進行性壊疽性鼻炎、喉頭炎・喉頭浮腫、耳鼻咽喉科領域の手術後の後療法

・口腔系の病気
難治性口内炎及び舌炎、嗅覚障害、急性・慢性唾液腺炎


参考

デカドロン錠0.5mg/デカドロン錠4mg(外部リンク)




投与方法・使用方法

成人0.5mg~8mg
(1錠0.5mg:1~16錠)
1日1~4回に分けて服用
小児成人の半分以下 1日0.15~4mg
(3分の1錠~8錠)
1回~4回に分けて服用


抗悪性腫瘍剤(シスプラチンなど)を服用することで起こる嘔吐や悪心の改善の場合
4~20mg
(1錠0.5mg:8~40錠)
1日1回~2回投与


重症の新型コロナウイルス感染症の場合
6mg
(1錠0.5mg:12錠)
1日1回、10日間投与


※1日の最大服用用量は、20mgまでとされています。

副作用

不眠、イライラ感、消化不良、吐き気、下痢、食欲不振、食欲増進、肌荒れ、にきび、頭髪の脱毛、毛深くなる、むくみ、生理不順、体重増加、血圧上昇、脂肪の沈着(顔、肩、おなか)、低カリウム血症、コレステロール値上昇

注意事項

デキサメタゾンの併用禁忌と併用注意をよく確認してから使用してください。
妊娠中の女性に対しては有益性投与の扱いとなっているので、使用前に必ず事前に医師に相談してください。

併用禁忌



・ジスルフィラム(ノックビン)
・シアナミド(シアナマイド)
・デスモプレシン酢酸塩水和物(ミニリンメルト)
・リルピビリン塩酸塩(エジュラント)
・リルピビリン塩酸塩・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩・エムトリシタビン(オデフシィ)
・リルピビリン塩酸塩・テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩・エムトリシタビン(コムプレラ)
・リルピビリン塩酸塩・ドルテグラビルナトリウム(ジャルカ)
・ダクラタスビル塩酸塩(ダクルインザ)
・アスナプレビル(スンベプラ)
・ダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・ベクラブビル塩酸塩(ジメンシー)


併用注意



・CYP3A4で主に代謝される薬剤
・カスポファンギン
・CYP3A4を誘導する薬剤
・フェニトイン
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・アプレピタント
・マクロライド系抗生物質
・アゾール系抗真菌剤
・メフロキン
・シクロスポリン
・サリチル酸誘導体
・抗凝血剤
・糖尿病用薬
・血圧降下剤
・利尿剤
・利尿剤(カリウム保持性利尿剤を除く)
・カルシウム受容体作動薬
・エフェドリン
・サリドマイド

メーカー

発送国

Synco(H.K.)Limited
上へ