デキサメタゾン・ジェネリック
  • デキサメタゾン・ジェネリック
  • デキサメタゾン・ジェネリック
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

デキサメタゾン・ジェネリック

更新日:
4mg 次回8月上旬入荷予定
※人間用の医薬品です。
デキサメタゾン・ジェネリック(デクマックス)は有効成分デキサメタゾン含有のヒト用ステロイド剤です。
炎症の鎮静化、アレルギーなどの皮膚疾患、内分泌障害、副腎皮質機能亢進症などの治療、悪性リンパ腫など、がん患者、重症の新型コロナ治療などにも処方されるお薬です。
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 免疫抑制作用

有効成分:デキサメタゾン

ご注文

デキサメタゾン・ジェネリック 4mg 40錠

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,300(3,3001箱あたり
99
売切れ
2箱
4,600(2,3001箱あたり
138
売切れ
3箱
5,600(1,8661箱あたり
168
売切れ

デキサメタゾン・ジェネリック 8mg 40錠

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,700(3,7001箱あたり
111
カゴに入れる
2箱
5,400(2,7001箱あたり
162
カゴに入れる
3箱
6,700(2,2331箱あたり
201
カゴに入れる

成分一覧

デキサメタゾン4mg、8mg

商品詳細


商品の特長

・ヒト用のステロイド剤(合成副腎皮質ホルモン)
・炎症、免疫疾患、アレルギー性疾患の治療
・気管支喘息、関節リウマチ、悪性リンパ腫の治療
・重度の感染症など幅広い適応症
・重症の新型コロナウイルスの治療



デキサメタゾン・ジェネリック(デクマックス)は、有効成分をデキサメタゾンとする、内服タイプのステロイド錠剤です。

主に炎症を抑える抗炎症剤


デキサメタゾン・ジェネリックは幅広い疾患に有効な、ヒト用のステロイド(合成副腎皮質ホルモン)剤です。
強力な抗炎症作用を持っており、自己免疫疾患やアレルギー疾患などに対して効果を発揮します。

副腎皮質ホルモンの中でも、コルチゾールという糖、タンパク質、脂質、骨など、様々な部位の代謝に関与する物質です。
内服・注射のステロイド剤はこのコルチゾールとほぼ同様の作用があるため、幅広い疾患や症状に使用されます。

デキサメタゾン・ジェネリックが有効な疾患


・副腎皮質機能不全
・アレルギー性疾患
・悪性リンパ腫
・気管支喘息
・新型コロナウイルス など

デキサメタゾンの特徴


ステロイド(合成副腎皮質ホルモン)の一つで、炎症反応や免疫反応を強力に抑える効果があります。
主に急性・慢性の炎症、自己免疫疾患、アレルギー疾患などに使用されますが、抗がん剤投与時の遅発性嘔吐を抑えるために使用されます。結核の治療の際は、抗生物質と併用されます。

新型コロナウイルスの治療に対して効果があることは、2020年7月の早い段階で認められている薬です。
国内で流通している医薬品には「デカドロン」があります。
デキサメタゾンは妊婦には推奨されていませんが、半減期が長く効果持続時間が長い薬で、重症度の高い新型コロナ治療に利用されています。


参考

デカドロン錠0.5mg/デカドロン錠4mg(外部リンク)




新型コロナ治療での世界的実績


デキサメタゾンを治療に使用することで、死亡率が低下することは、イギリスでの研究により判明し、日本でもデキサメタゾンの投与は治療方針の一つとして定着しています。

記事によれば、
・人工呼吸器を使用している人で3分の1
・酸素吸入を受けている人で5分の1
この確率で死亡リスクが減ったということが分かります。

軽症の方については使用しても期待した効果は得られなさそうです。
しかし、副作用や服用方法さえしっかり確認していれば、入院できない場合を想定して購入することは問題ありません。
ウィズコロナ時代の常備薬として注目を浴びそうです。

また、新型コロナでは肺炎や、肺の線維化により、重症化し後遺症も残りやすいといわれていますが、ステロイド薬を使用することで重症化、後遺症の軽減が報告されています。
こういった有用性が、デキサメタゾンをはじめすでに広く使われている安価なステロイド薬にはあるため、今後もさらに研究が進められるでしょう。

議論は続いていますが、デキサメタゾンと共にイベルメクチンもコロナ治療への使用に関して注目されている薬です。
ぽちたま薬局ではイベルメクチンも取り扱っています。
イベルメクチンイベルメクチン
4錠 1,700円




投与方法・使用方法

デキサメタゾン・ジェネリック(デクマックス)は他のデキサメタゾン錠に比べ、1錠の容量が多いため、飲む錠数が少なく済みます。
症状や年齢、体重などにより服用方法が異なります。
通常の使用量は以下の通りです。
成人0.5mg~8mg(4mgを2錠、8mgを1錠)1日1回、または分割し投与
小児1日0.15~4mg(成人の半分の量)1回、または分割し投与


重症の新型コロナウイルス感染症の場合


6mg(4mgを1+半錠、8mgを4分の3錠)1日1回、10日間投与


抗悪性腫瘍剤投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)の場合


4~20mg(4mg 5錠、8mg 2錠+半錠)1日1回~2回投与



※1日の最大服用用量は、20mgまでとされています。
※錠剤に割線がついておりますので、半分に割ってご使用いただけます。

ピルカッター


容器の中に錠剤を入れ、蓋を閉めるだけで綺麗に分割できるピルカッターが便利です。
ピルカッターはこちらにあります。
ブルーピルカッターブルーピルカッター
1個 880円



錠剤の割り方


デキサメタゾンの割り方
1.図のようにスプーンの膨らんだ側(裏側)に錠剤を乗せてください。※膨らみに割線を添わせるように。
2.割線の両側を両手の親指ではさんで押すと綺麗に割れます。

副作用

次のような副作用があらわれる場合があるので、症状があらわれた場合は直ちに投与を中止し、適切な処置を行ってください。

感染症の増悪、続発性副腎皮質機能不全、血栓塞栓症、誘発感染症、糖尿病、消化性潰瘍、消化管穿孔、痙攣、膵炎、うつ状態、精神変調、骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパシー、脊椎圧迫骨折、長骨の病的骨折、緑内障、後嚢白内障

また、体調に異常を感じた場合、医師にご相談ください。

注意事項

・以下の方は本剤を使用しないでください。
※本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
※男性における夜間多尿による夜間頻尿を治す薬である成分のデスモプレシン酢酸塩水和物を投与中の方

併用禁止薬


・ノックビン
・シアナミド
・シアナマイド
・ジスルフィラム
急性ジスルフィラム・シアナミド−アルコール反応(血圧降下、心悸亢進、頻脈、胸部圧迫感、顔面潮紅、悪心、頭痛、失神、嘔吐、めまい、痙攣、視力低下、呼吸困難等)があらわれることがあります。本剤はエタノールを含んでいるため、アルコールへの反応を起こす可能性があります。

・ミニリンメルト
低ナトリウム血症が発現するおそれがあります。

・ジャルカ(リルピビリン塩酸塩・ドルテグラビルナトリウム)
・コムプレラ(リルピビリン塩酸塩・テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩・エムトリシタビン)
・オデフシィ(リルピビリン塩酸塩・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩・エムトリシタビン)
・ダクルインザ(ダクラタスビル塩酸塩)
・エジュラント(リルピビリン塩酸塩)
・スンベプラ(アスナプレビル)
・ジメンシー(ダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・ベクラブビル塩酸塩)

※これら薬剤を使用すると血中濃度を低下させ、作用を弱める恐れがります。本剤のCYP3A4誘導作用により、薬剤の代謝が促進される可能性があります。

・妊娠中の女性に対しては有益性投与の扱いとなっているので、使用前に必ず事前に医師に相談してください。

メーカー

発送国

シンガポール
上へ