クロルオフ眼軟膏
  • クロルオフ眼軟膏
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

クロルオフ眼軟膏

更新日:
クロルオフ眼軟膏は細菌感染性の結膜炎、眼瞼炎、角膜炎、ものもらいなどを治療する抗生物質クロラムフェニコール配合の犬猫用眼軟膏です。

商品は基本的に1商品単位での発送となりますことをご了承ください。※2個お買い求めの場合は、2梱包でのお届けとなります。複数セットの場合は1セットにつき1梱包となります。

  • 細菌性結膜炎の治療
  • マイボーム腺炎(ものもらい)の治療
  • 眼瞼炎の治療
  • 角膜炎の治療

有効成分:クロラムフェニコール 1%

ご注文

クロルオフ眼軟膏 5g

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
1,700(1,7001本あたり
51
カゴに入れる
2本
3,200(1,6001本あたり
96
カゴに入れる
3本
4,600(1,5331本あたり
138
カゴに入れる

成分一覧

商品詳細


こんな症状を改善します

・細菌感染性の結膜炎、眼瞼炎、角膜炎
・ものもらい




クロルオフ眼軟膏は抗生物質クロラムフェニコール配合の犬猫用眼軟膏です。
結細菌感染性の膜炎、ものもらい、眼瞼炎、角膜炎の治療に最適です。

その症状目の病気のサイン


犬や猫にとって目は飼い主さんとアイコンタクトをとるために最も重要な器官の一つです。
ちょっとした目の変化を見逃さず、目の病気は早期に発見してあげましょう。

涙やけ


目の周りの毛の色が変わる症状です。
少し濡れている程度なら問題ありませんが、常に涙で濡れている状態は細菌が発生しやすい状態となるため、細菌性の炎症の原因となります。

目ヤニ


ちょっとついてる程度であれば何も問題はありませんが、目ヤニの量や色が普段と違う場合は感染症を発症している可能性があります。

ペットの目の病気は自身の爪で傷つけてしまったり、多頭飼いの場合はじゃれて傷ついたり、喧嘩して傷ついたりと、比較的かかりやすい病気ではあります。

しかし、犬も猫も目に違和感を覚えれば掻いてしまうため、なかなか治りにくい病気でもあります。
愛犬・愛猫の目の病気には早めの対策を。

投与方法・使用方法

・毎日、3~4回使用してください。6~8時眼毎に0.5~1.5cmほど塗布します。
・ほかの目薬を併用する場合、本剤の塗布後5分間待ってから、他の薬を目に塗布してください。

副作用

・炎症、刺激感、骨髄抑制、血液異常症などが認められています。
・異常がみられた場合は使用を中止し、速やかに獣医師にご相談ください。

注意事項

・使用禁忌があります。必ず獣医師の指示に従ってください。
・家畜には使用しないでください。
・2周間以上の長期間にわたって使用しないでください。
・妊娠中や授乳中のペットに投与する場合は、慎重に行ってください。
・他の点眼薬と併用している際には、5分以上の間隔をあけて使用してください。

メーカー

発送国

香港
上へ