ベトメディンチュアブル
  • ベトメディンチュアブル
  • ベトメディンチュアブル
  • ベトメディンチュアブル
  • ベトメディンチュアブル
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ベトメディンチュアブル

更新日:
犬の僧帽弁閉鎖不全症(弁膜症)や拡張型心筋症による慢性心不全の治療に使用する強心剤です。
フレーバーの付いたチュアブル錠なので従来のベトメディンよりも投与に手間がかかりません。
  • 犬の僧帽弁閉鎖不全症(弁膜症)による慢性心不全に伴う症状の改善

有効成分:ピモベンダン

ご注文

ベトメディンチュアブル 1.25mg 50錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,800(4,8001箱あたり
144
カゴに入れる
2箱
9,100(4,5501箱あたり
273
カゴに入れる
3箱
13,000(4,3331箱あたり
390
カゴに入れる

ベトメディンチュアブル 5mg 50錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
10,900(10,9001箱あたり
327
カゴに入れる
2箱
21,400(10,7001箱あたり
642
カゴに入れる

ベトメディンチュアブル 10mg 50錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
20,500(20,5001箱あたり
615
カゴに入れる
2箱
39,000(19,5001箱あたり
1,170
カゴに入れる

成分一覧

ピモベンダン5mg

商品詳細

●フレーバーの付いた小さな錠剤で与えやすい
ベーリンガーインゲルハイムのベトメディンチュアブルは、慢性心不全の中でも帽弁閉鎖不全症(弁膜症)と拡張型心筋症を原因とするうっ血を改善するお薬です。

従来のベトメディンよりも錠剤が小さいため、経口投与が苦手なペットにも与えやすくなっています。
錠剤が小さいだけでなく、フレーバー付きの苦くないチュアブルタイプで、投薬の手間もかからず、ペット、飼い主さん双方の負担は軽減されています。

●心臓への負担が少ない有効成分
有効成分であるピモベンダンは、心筋収縮に必要なカルシウムに対する感受性を高める作用があります。
これにより心収縮力を上げ、血管収縮作用を抑制することで強心作用と血管拡張作用を同時に示します。
このため、他の強心剤と比較しても心臓への負担が少ないとされています。

投与方法・使用方法

体重1kgにつきピモベンダン0.25mgを12時間間隔で朝夕2回経口投与します。
餌の時間のおよそ1時間前に投与します。

【投与量の目安】
2~3.6kg未満: 1.25mgを1/2錠
3.6~6.6kg未満: 1.25mgを1錠
6.6~8.6kg未満: 1.25mgを1+1/2錠
8.6~12kg未満: 1.25mgを2錠
12~14kg未満: 1.25mgを2+1/2錠
14~17kg未満: 1.25mgを3錠
17~19kg未満: 1.25mgを3+1/2錠
19~23kg未満: 5mgを1錠
23~28kg未満: 5mgを1錠と1.25mgを1錠
28~34kg未満: 5mgを1+1/2錠
34~37kg未満: 5mgを1+1/2錠と1.25mgを1/2錠
37~43kg未満: 5mgを2錠
43~50kg未満: 5mgを2錠と1.25mgを1錠
50~60kg未満: 5mgを2+1/2錠
61kg以上: 5mgを3錠

※上記は目安です。また、5mg1錠は1.25mg4錠で代用できます。

副作用

・まれに嘔吐などがみられます。
・副作用がみられた場合はすぐに獣医師の診断を受けてください。

注意事項

・必ず獣医師の指示により使用すること。
・体重2kg未満の犬には投与しないこと。
・妊娠犬および哺乳犬に対する安全性は確立されていないので、妊娠中および授乳中の犬には投与しないこと。
・やむ終えず授乳中の犬に投与する場合は、授乳を中止すること。
・肥大性心筋症あるいは機能的または解剖学的に心拍出量の増加が見込めない症例(例えば大動脈弁狭窄症)には用いないこと。
・重度な肝障害を有する犬には慎重に投与すること。

メーカー

上へ