ノルバサンオチックイヤークリーナー
  • ノルバサンオチックイヤークリーナー
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ノルバサンオチックイヤークリーナー

更新日:
獣医師も推奨するノルバサンオチックイヤークリーナーはペットの耳の中の汚れをキレイに洗浄する耳洗浄液です。
油分を含んだ頑固な耳垢もスッキリ爽やか!消臭力も抜群です!
  • 耳洗浄液
  • 耳のケア

有効成分:詳しくは成分一覧をご覧ください。

ご注文

ノルバサンオチックイヤークリーナー 118mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
3,500(3,5001本あたり
105
カゴに入れる
3本
9,970(3,3231本あたり
299
カゴに入れる

成分一覧

ポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテル、プロピレングリコール、イソプロピルアルコール、酢酸リナリル、FD&C blue#1、精製水

商品詳細

●多くの動物病院で採用される耳洗浄液
ノルバサンオチックイヤークリーナーは多くの動物病院でも使われている犬猫の耳洗浄液の定番です。
アルコール成分が少なくスースーしないため、犬や猫が嫌がらず、落ち着いて耳掃除ができます。

油分を含んだ頑固な耳垢や嫌なニオイもノルバサンオチックイヤークリーナーなら強力にスッキリ洗浄。ラベンダーの香りで爽やかに。

●放置はキケン!汚れた耳の中は真菌・細菌のパラダイス
蒸れて油分ベッタリの耳垢が溜まった耳の中はマラセチアなどの真菌や細菌にとってのパラダイス。
放置しておくと、あっという間に繁殖して嫌なにおいを放ちます。また真菌と細菌が暴れまわって炎症のもとにもなります。
そして、外耳炎、中耳炎、内耳炎と進行し、キケンな耳のトラブルにつながるため、日頃のケアが大切です。

特に、梅雨や夏などの季節や、たれ耳の犬や猫は、特に耳の中が蒸れて耳垢が溜まりやすいので要注意。
ノルバサンオチックイヤークリーナーで週に1~2回、耳の中のお掃除を心がけましょう。

コットンは奥の方までは中々届かず、綿棒では専門技術がない場合は耳道を傷つける場合があるため危険を伴いますが、ノルバサンオチックイヤークリーナーであれば、耳に洗浄液を流し込み、マッサージをして浮き上がった汚れを拭き取るだけですので簡単、安全に耳を清潔に保つことができます。

投与方法・使用方法

ボトルの開け方
初めに白いキャップを外して内蓋をはがします。
白いキャップを再びつけたら、今度は青いノズル部分のみを左回りに回して緩めると、液が出るようになります。
※青いノズルは完全には外れません。少し浮いた状態が正解です。

耳の洗浄方法
日常の耳のケアでは、週に1~2回の頻度で、ガーゼや脱脂綿にノルバサンオチックイヤークリーナーを染み込ませて、耳の中をやさしく拭いてください。

汚れがひどい場合は以下の方法で耳の中を洗浄します。

STEP1
ペットを落ち付かせて行いましょう。
耳を傷つけないように注意しながら、ノルバサンオチックをペットの外耳道に溢れるくらい注ぎます。勢いよく入れるとペットを驚かせるので、なるべくそっと注ぎます。
敏感なペットにはコットンなどに洗浄液を染み込ませて、耳の入り口でゆっくり絞ってあげるとやり易いかもしれません。

STEP2
耳の液体を出そうとしてペットが体振ってバタバタするので、汚れや洗浄液が飛び散らないようにコットンやティッシュを耳の入り口に軽く詰めます。

STEP3
耳の付け根をクチュクチュと音をさせるように数回マッサージします。

STEP4
タオルなどでガードしながら、ペットに耳をバタバタさせて、洗浄液と耳垢を外に出させます。
耳の入り口に残った洗浄液や汚れはコットンやティッシュで拭き取ります。

副作用

・特には報告されていませんが、異常がみられた場合は速やかに獣医師の診断を受けてください。

注意事項

・鼓膜に傷があったり、耳の臭いや汚れがひどいペットは獣医師に相談すること。
・耳垢に小さな動くものがある場合は、耳ダニがいる可能性があるため、速やかに獣医師の診断を受けること。
・耳の通気を良くする為の毛抜きは動物病院かトリミングサロンで行うこと。
・アルコール成分を含みます。

メーカー

上へ