アドレスタンジェネリック(トリロスタン)
  • アドレスタンジェネリック(トリロスタン)
  • アドレスタンジェネリック(トリロスタン)
  • アドレスタンジェネリック(トリロスタン)
  • アドレスタンジェネリック(トリロスタン)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

アドレスタンジェネリック(トリロスタン)

更新日:
アドレスタンジェネリックは有効成分としてトリロスタンを含有する犬用の内分泌疾患治療薬です。
副腎皮質ホルモンの生合成を触媒する酵素である3β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼを阻害することで副腎皮質ホルモンの過剰な分泌を抑制します。
  • クッシング症候群及び特発性アルドステロン症に伴う諸症状の改善

有効成分:トリロスタン

ご注文

アドレスタンジェネリック(トリロスタン) 10mg 30錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
7,800(7,8001箱あたり
234
カゴに入れる
2箱
14,800(7,4001箱あたり
444
カゴに入れる
3箱
21,100(7,0331箱あたり
633
カゴに入れる
5箱
33,400(6,6801箱あたり
1,002
カゴに入れる

アドレスタンジェネリック(トリロスタン) 30mg 30錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
9,500(9,5001箱あたり
285
カゴに入れる
2箱
18,000(9,0001箱あたり
540
カゴに入れる
3箱
25,700(8,5661箱あたり
771
カゴに入れる
5箱
40,700(8,1401箱あたり
1,221
カゴに入れる

アドレスタンジェネリック(トリロスタン) 60mg 30錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
11,500(11,5001箱あたり
345
カゴに入れる
2箱
21,800(10,9001箱あたり
654
カゴに入れる
3箱
31,100(10,3661箱あたり
933
カゴに入れる
5箱
49,200(9,8401箱あたり
1,476
カゴに入れる

成分一覧

トリロスタン10mg

商品詳細

●有効成分「トリロスタン」は犬のクッシング症候群を治療するための成分
アドレスタンジェネリックはクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)や特発性アルドステロン症の治療のためのお薬で、「デパソン」や「アドレスタン」と同じ有効成分のトリロスタン製剤です。

有効成分のトリロスタンが副腎皮質ステロイドホルモン生合成酵素の1つである3β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼやアルドステロンを特異的かつ競合的に阻害することにより、症状の原因となってるコルチゾールやアルドステロンなどの副腎皮質ホルモンの分泌過剰を抑制します。

●「アドレスタン」のお得なジェネリック医薬品

アドレスタンジェネリックは、犬のクッシング症候群を治療する医薬品「アドレスタン」のお得なジェネリック医薬品です。
クッシング症候群のお薬は飲み続ける必要があります。
獣医師の診断を受けたのち、お薬のストックとしてご家庭にご用意いただくと経済的にも大変お得になる商品です。

投与方法・使用方法

投与には獣医師の検査と指示が必要となります。

投与は体重1.7kg以上の犬を対象とし、初期投与量は症状と体重に基づき適宜増減します。
カプセルサイズを組み合わせ、本剤の至適投与量を決定します。
初期投与量は獣医師の処方を受けてください。
食餌と共に経口投与してください。

副作用

・異常が出た場合は使用を中止し、獣医師へ相談してください。
・投与により、いかなる投与量においても永続的な副腎皮質機能低下症(アジソン病)、消化器症状(・軟便、下痢又は嘔吐)が発現する可能性があります。副腎皮質機能低下症や消化器症状等の副作用がみられた場合には、直ちに投与を中止してください。また、速やかに獣医師の治療を受けてください。
・軽度から中等度かつ一過性あるいは回復性の消化器症状(軟便、下痢又は嘔吐)が認められる場合があります。
・運動不耐性、食欲不振、骨格筋症状、喘ぎ呼吸、多尿/多渇、体の揺れ/震え、多食、呼吸器症状/機能障害、皮膚/被毛異常、ときに後肢の震え、高カリウム血症、漏尿、皮膚疾患、膀胱炎、てんかん様発作、虚脱・活力および食欲低下がみられることがあります。
・血液学的検査および血液生化学的検査において、好酸球、リンパ球、単球、好中球、尿素窒素および総蛋白の高値、ヘマトクリット値、ヘモグロビン濃度、平均赤血球血色素量、赤血球数、白血球数およびコレステロール、ALP、ALT、CPK、GGTの低値がみられることがあります。

注意事項

・必ず獣医師の指示により使用してください。
・犬以外の動物には投与しないでください。
・定められた用法・用量を厳守してください。
・妊娠、授乳中および繁殖を予定している犬への投与を行わないでください。
・カプセルを砕いたり割ったりしないでください。
・増量するときには、必ずモニタリングを行ってください。
・本剤の1日の投与量を2回に分けて投与する方法(1日2回投与)では、1日1回投与よりもAUC(医薬品の体内への吸収量の目安)が増加し、薬理作用および副作用/有害事象の増強がみられるとの報告もありますので、特に、経時的かつ注意深いモニタリングを行う必要があります。

メーカー

上へ