トピゲン耳・皮膚用ローション
  • トピゲン耳・皮膚用ローション
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

トピゲン耳・皮膚用ローション

更新日:
トピゲン耳・皮膚用ローションは犬猫用の塗り薬です。
犬猫の抗菌、抗真菌、抗炎症とかゆみ止めに効果があります。
マラセチアなどの真菌感染性の外耳炎の治療の他、細菌、真菌感染性皮膚炎の治療にもお使いいただけます。
  • マラセチア皮膚炎、細菌及び真菌感染性外耳炎治療
  • 犬猫用

有効成分:ゲンタマイシン硫酸塩1.6mg、ナイスタチン100,000IU、フルオシノロンアセトニド0.25mg

ご注文

トピゲン耳・皮膚用ローション 20mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
2,200(2,2001本あたり
66
カゴに入れる
2本
4,200(2,1001本あたり
126
カゴに入れる

成分一覧

ゲンタマイシン硫酸塩1.6mg、ナイスタチン100,000IU、フルオシノロンアセトニド0.25mg

商品詳細

犬・猫の皮膚炎に最適な皮膚用ローション


トピゲン耳・皮膚用ローションは犬と猫の皮膚炎治療の塗り薬です。
犬と猫がかかりやすいさまざまな皮膚炎をトータルで治療するお薬です。
トピゲン耳・皮膚用ローションには、抗菌、抗真菌、抗炎症とかゆみ止めの効果があります。

強い殺菌作用と即効性


ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質)、ナイスタチン(抗真菌成分)が真菌と細菌を強力に殺菌し、フルオシノロンアセトニド(副腎皮質ホルモン)が炎症を鎮め痒みを緩和します。

ゲンタマイシン硫酸塩


アミノグリコシド系の抗生物質で、ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌などの細菌の増殖を阻害します。
皮膚感染症の原因菌を殺菌・除去することにより、赤みや腫れを治療します。

ナイスタチン


ポリエンマクロライド系の抗生物質で、真菌(カビ)を殺菌するお薬です。
真菌の細胞膜の働きを失わせ死滅させる作用があります。
カンジダという真菌が原因となる病気に用いられます。

このお薬は、人間や犬猫の体内にはほとんど吸収されません。
体内には吸収されず、患部表面の真菌のみを殺菌します。

フルオシノロンアセトニド


ステロイド(合成副腎皮質ホルモン)の外用薬です。
強い抗炎症作用と即効性があります。
短期間で皮膚炎を抑えることで、腫れや赤みをすみやかにとり、かゆみや痛みを和らげます。
そのため、さまざまな湿疹や皮膚疾患に広く使用されるお薬です。

犬のかゆみの原因について知りたい場合はこちらをご覧ください。



投与方法・使用方法

・皮膚: 1日2回、または獣医の指示に従って、患部に適量を塗布してください。
・耳: 耳垢を軽くふき取ってから1日2回、約5滴を、または獣医の指示に従って点耳してください。

・使用前に容器をよく振ってください。
・用法用量は症状により異なります。
 上記は目安のため、塗布する量や回数については、かかりつけの獣医師の指示に従ってください。

副作用

・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。
・本剤によって過敏症(刺激感、紅斑等)が起きた場合には投与を中止し、適切な薬剤へ変更してください。
・副腎皮質ホルモン剤は、外用した場合でも、まれに全身性の症状として多渇症多尿症、嘔吐、異常な体重増加等を現すことがあります。

注意事項

・外用以外に使用しないでください。
・発疹などのアレルギー症状がある犬猫へのご使用は控えてください。
・必ず獣医師の指示のもとに使用すること。
 他の薬と相互作用を及ぼす場合がありますので、併用する場合は獣医師にご相談の上使用してください。
・妊娠、授乳中のペットには使用しないこと。
・3週間継続して改善が見られない場合は、改めて医師の診断を受けてください。
・鼓膜に傷などがある場合は使用しないで下さい。
・本剤の使用により発疹等の副作用が認められた場合には、速やかに使用を中止し、獣医師の診察を受けてください。

メーカー

発送国

香港
上へ