オトマックス点耳用液剤
  • オトマックス点耳用液剤
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

オトマックス点耳用液剤

更新日:
犬用の外耳炎治療薬です。
三つの有効成分ゲンタマイシン、クロトリマゾール、ベタメタゾン(ステロイド)により常在菌や細菌の増殖を抑え、殺菌し、炎症を抑える効果があります。
炎症によっておこる激しい痒みや腫れの症状を緩和しつつ犬の外耳の炎症を改善します。
  • 細菌及び真菌感染性外耳炎治療

有効成分:ゲンタマイシン硫酸塩、クロトリマゾール、ベタメタゾン吉草酸エステル

ご注文

オトマックス点耳用液剤 34mlL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
4,900(4,9001本あたり
147
カゴに入れる
2本
9,300(4,6501本あたり
279
カゴに入れる
3本
13,200(4,4001本あたり
396
カゴに入れる

成分一覧

ゲンタマイシン硫酸塩2640IU、ベタメタゾン吉草酸エステル0.88mg、クロトリマゾール8.80mg

商品詳細

商品の概要
  • 犬用の外耳炎治療薬
  • 殺菌、抗真菌、抗炎症作用のある有効成分配合
  • 滴下専用ノズル付き


犬の外耳炎を治療する、犬用点耳液です。
三つの有効成分の働きによって、外耳の炎症の元となっている菌を殺菌し、抗炎症作用によって炎症を抑え、症状の改善を促します。

三つの有効成分


オトマックス点耳用液剤には、患部である外耳の炎症に有効な成分が三つ含まれています。

有効成分①ゲンタマイシン硫酸塩


ブドウ球菌や緑膿菌、大腸菌のような原因菌を殺菌、除去する事で局所的な皮膚の赤みや腫れなどを改善します。

有効成分②クロトリマゾール


菌類の一種である真菌の代謝を阻害することで死滅させる、抗真菌作用があります。
菌の増殖を防ぎます。

有効成分③ベタメタゾン吉草酸エステル


炎症性疾患、免疫系疾患など広範囲の治療に使われる合成副腎皮質ホルモン(ステロイド)です。
炎症をしずめる効果があります。

滴下専用のノズル付き


オトマックス点耳用液剤は、犬の耳に薬液を滴下しやすいように、専用のノズルが付いています。
適度な硬さと柔軟さを併せ持つポリエチレン製で、犬の耳へ滴下しやすいように工夫された形のため使いやすい外耳薬となっています。


参考

Otomax点耳薬サスペンション(外部リンク)


投与方法・使用方法

使用方法


専用ノズルを装着してから滴下してください。
犬の体重によって滴下量が違うので、下記の表を参考にしてください。
犬の体重滴下量治療期間
15kg未満4滴7日間
15kg以上8滴7日間

滴下後、耳の付け根を少しだけマッサージしてあげると、より効果的です。
※上記はあくまでも目安です。使用の際は獣医師に相談してください。

副作用

・局所的に紅斑性丘疹が現れることがあります。
・高齢の犬の場合、一時的な聴力障害が現れることがあります。また、ごくまれに不可逆的な難聴になる場合があります。
・聴覚、または内耳にある前庭器官に機能障害が発生する場合があります。
・ステロイド製剤の外用薬を長期的に使用すると、表皮の菲薄化、副腎機能の抑制、および創傷治癒の遅延がおこる場合があります。

注意事項

以下のことにご注意ください。
・薬を開封後、14日以内に使用してください。
・動物にのみ使用してください。
・授乳中や妊娠中の雌犬へは投与しないでください。
・耳毒性を引き起こす物質と併用しないでください。
・耳以外の場所に使用しないでください。
・鼓膜に穴が開いている犬には使用しないでください。
・薬液が犬や飼い主さまの目に触れないように注意してください。誤って触れてしまった場合は大量の水で洗い流してください。
・使用により、聴覚や内耳にある前庭器官に影響が出た場合はすぐに使用を中止し、耳毒性のない溶液で聴覚管を丁寧に洗浄する必要があります。獣医師の指示に従ってください。

メーカー

発送国

香港
上へ