アビガン・ジェネリック(ファビピラビル)
  • アビガン・ジェネリック(ファビピラビル)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

アビガン・ジェネリック(ファビピラビル)

更新日:
抗インフルエンザウイルス薬アビガンのジェネリックです。
新型または再興型インフルエンザウイルスを適応症として国内で製造・販売承認された、抗インフルエンザウイルス薬(ほかの抗インフルエンザウイルス薬が無効または効果不十分の場合のみ)です。
  • 新型または再興型インフルエンザウイルス感染症

有効成分:ファビピラビル

ご注文

アビガン・ジェネリック(ファビピラビル) 800mg×16錠 200mg×2錠

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
18錠
16,000(8881錠あたり
480
カゴに入れる

成分一覧

ファビピラビル 200mg/800mg

商品詳細


商品の特長

コロナ治療薬候補として治験中の薬
・重症のインフルエンザにも有効
・西アフリカで爆発的に流行したエボラウイルス症でも使用




有効成分ファビピラビル


タミフルなどの既存薬がウイルスを細胞に封じて増殖を防ぐのに対し、ファビピラビルは、インフルエンザウイルスに感染した細胞内でウイルスの遺伝子複製にかかわるRNAポリメラーゼを選択して阻害し、増殖を防ぎます。
この機序はインフルエンザウイルスと同種RNAウイルスであるCOVID-19の増殖の抑制に効果があるといわれ、注目を集めています。

アビガンの新型コロナウイルス感染症に対する治療効果について


とはいえ、アビガンはコロナ治療薬として承認されていないのが現状です。
富山フイルム富山化学が昨年に続き、新たな治験(臨床試験)を実施中であり、有効性と安全性はまだ確立されていません。

医師の指示ない服用、適応外でのご使用は副作用が出るおそれがありますので十分ご注意ください。

投与方法・使用方法

成人:1日目は1回2錠(800mg2錠+200mg1錠=1800mg)を1日2回服用
2日目以降800㎎1錠を1日2回服用
最長14日間

コップ1杯程度の水またはぬるま湯で飲んでください。
飲み忘れた場合は2回分を一度に飲まず、気づいた段階で1回分を飲んでください。
異常を感じたら医師または薬剤師に速やかに相談してください。

副作用

重大な副作用


(1)異常行動(頻度・因果関係不明):転落等に至る突飛な行動に出る、急に走り出す、徘徊する
(2)類薬(抗インフルエンザウイルス薬)で現れる重大な副作用
 ・ショック、アナフィラキシー
 ・肺炎
 ・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
 ・中毒性表皮壊死融解症
 ・皮膚粘膜眼症候群
 ・急性腎障害
 ・白血球減少、好中球減少、血小板減少
 ・精神神経症状(意識障害、せん妄、幻覚、妄想、けいれん等)
 ・出血性大腸炎

注意事項

・新型コロナウイルス治療に対するアビガンの有効性は確立されていません。適応外でのご使用はお控えください。
・アビガンに対し、過敏症の既往歴のある方は服用できません。
・妊婦、産婦、妊娠している可能性のある女性は服用できません。
・高齢者は生理機能が低下していることが多く、ご家族などが状態を観察しながら服用してください。
・小児への適応はありません。
・他の薬を併用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。
・異常行動が現れるおそれがあります。また、転落等の事故に至るおそれのある重度の異常行動については、就学以降の小児・未成年者の男性で報告が多いこと、発熱から 2 日間以内に発現することが多いことが知られています。
・自宅で服用する場合、少なくとも発熱から2日間は転落等の事故防止対策を講じてください。

メーカー

発送国

インド
上へ