ベトノベートスキンクリーム
  • ベトノベートスキンクリーム
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ベトノベートスキンクリーム

更新日:
ベトノベートスキンクリームは犬と猫のアレルギー性皮膚炎による皮膚の腫れや赤み、かゆみを緩和するステロイド(副腎皮質ホルモン)剤です。

経口ステロイドではなく、局所的に塗布することで効果を得ることができるため、全身への副作用が極めて少ないのが特徴です。
  • 犬猫
  • アレルギー性皮膚炎
  • 湿疹
  • 腫れ
  • 赤み
  • 虫刺され

有効成分:・ベタメタゾン吉草酸エステル ・クロロクレゾール

ご注文

ベトノベートスキンクリーム 20g 入り1本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,600(1,6001箱あたり
48
カゴに入れる
2箱
3,000(1,5001箱あたり
90
カゴに入れる
3箱
4,300(1,4331箱あたり
129
カゴに入れる

成分一覧

・ベタメタゾン吉草酸エステル:ベタメタゾン 0.1%w/w 相当
・クロロクレゾール(防腐剤:0.1%w/w

商品詳細


こんなお薬

・犬と猫の炎症を抑えるお薬
・アレルギー性皮膚炎や湿疹などの皮膚のかゆみ緩和
・副作用が少ないステロイド剤
・軟膏よりもなめらかで塗布しやすい



犬と猫の皮膚の炎症を抑えるお薬


ベトノベートスキンクリームは有効成分ベタメタゾン吉草酸エステル配合の皮膚の炎症や免疫反応を抑える外用ステロイド剤です。

炎症を緩和することで、皮膚のかゆみや腫れ、湿疹や赤みなどを緩和する効果があります。

高い効果で副作用も少ない


ステロイドは効果が強く、その分副作用が出てしまう場合もありますが、ベトノベートスキンクリームは、患部に対して局所的に塗布することで高い効果を得ることができるため、経口ステロイドのように全身への副作用が発症するリスクが極めて少ないのが特徴です。

肌になじみやすいクリームタイプ


ベトノベートスキンクリームは、肌になじみやすいクリームタイプです。
軟膏よりもなめらかで肌になじみやすいため、塗布しやすく、塗りムラの心配もありません。

有効成分ベタメタゾン吉草酸エステル


ベトノベートスキンクリームに含まれる有効成分はベタメタゾン吉草酸エステルです。
合成副腎皮質ホルモンで、抗炎症作用を示します。

皮膚の腫れや赤み、かゆみなどの炎症を強力に抑えることで症状を緩和する効果があります。

投与方法・使用方法

犬・猫


・1日当たり1~4回、症状のある箇所に塗布してください。
・症状が緩和されれば回数を漸減することができます。

副作用

・ALP、ALT(GPT)の上昇、体重減少、食欲不振、多飲症、多尿症、嘔吐、下痢が認められることがあります。
・副作用が認められた場合は、速やかに獣医師の診察を受けてください。

注意事項

・皮膚潰瘍には使用しないでください。
・皮膚感染による湿疹・皮膚炎に使用する必要がある場合には、あらかじめ、適切な抗菌剤や抗真菌剤による治療をお受けいただく必要があります。
・持病のある犬、猫に使用する場合には、本剤使用前に獣医師にご相談ください。
・妊娠中及び妊娠している可能性のある犬・猫に使用する場合は、本剤使用前に獣医師にご相談ください。
・長期間の使用や過剰投与・頻回投与などにより、免疫抑制効果、クッシング症候群、下垂体・副腎皮質機能の抑制などがあらわれることがあります。

メーカー

発送国

香港
上へ