ルパフィンジェネリック
  • ルパフィンジェネリック
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ルパフィンジェネリック

更新日:
ルパフィンジェネリックは、花粉症・アレルギーによるさまざまな症状を抑えるお薬です。
効果的に症状を抑えるためには、花粉が飛散する1~2週間前から服用することで、つらい花粉の症状を抑制することができます。
  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • 皮膚疾患

有効成分:ルパタジンフマル酸塩

ご注文

ルパフィンジェネリック 10mg 100錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
5,200(5,2001箱あたり
156
カゴに入れる

成分一覧

ルパタジンフマル酸塩 10mg

商品詳細

つらい花粉症、アレルギーの症状を緩和


ルパフィンジェネリックは、つらい花粉症やアレルギーの症状を抑えるお薬です。
止まらない鼻水、やっかいなくしゃみ、皮膚の湿疹、かゆみなどのアレルギーの諸症状を効果的に抑えます。

有効成分ルパタジンの効果


アレルギー性鼻炎、蕁麻疹(じんましん)、などのアレルギー症状の原因となる「ヒスタミン」、「血小板活性化因子」の両方の働きを阻害することで、花粉症やアレルギーのさまざまな症状を抑制します。

こんな症状に効く


・花粉症
・アレルギー性鼻炎
・蕁麻疹(じんましん)

花粉が飛散する1~2週間前から投与を


ルパフィンジェネリックは、花粉が飛散する1~2週間前から投与を開始することで、効果的に花粉やアレルギーの症状を抑える効果があります。(予防投与・初期療法)

参考

ルパフィン10mg錠の添付文書(外部リンク)


投与方法・使用方法

・成人にはルパタジンとして1回1錠(10㎎)を1日1回経口投与する。
※症状に応じて2錠(20㎎)に増量できます。

・飲み忘れに気づいた際は、思い出したときにすぐ服用してください。
※ただし、服用時間が近い場合は忘れた分は服用できません。
※また、2回分を一度に服用しないでください。

副作用

・眠気、ショック、アナフィラキシー、てんかん、痙攣(けいれん)、肝機能障害、黄疸
・その他何か異常が現れた場合は速やかに医師の診察をお受けください。

注意事項

・服用中は車の運転など、危険を伴う機械の操作はしないでください。
・持病、高齢の方は、使用前に医師にご相談ください。
・併用に注意すべき薬があります。必ずほかのお薬を使用している場合や新たに使用する場合、医師にご相談ください。
・妊娠中、妊娠の可能性鵜のある方、授乳中の方は使用前に必ず医師にご相談ください。
・服用中はグレープフルーツジュースを飲まないでください。
・本剤の成分に対し過敏症のある方は使用しないでください。

メーカー

発送国

香港
上へ