アレグラ
  • アレグラ
  • アレグラ
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

アレグラ

更新日:
アレグラは花粉症などのアレルギーを抑え、花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのさまざまな症状を緩和する効果のある、抗ヒスタミン薬です。
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症
  • じんましん
  • かゆみ

有効成分:フェキソフェナジン

ご注文

アレグラ 120mg 10錠

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
2箱
1,350(6751箱あたり
40
カゴに入れる
4箱
2,430(6071箱あたり
72
カゴに入れる
6箱
3,240(5401箱あたり
97
カゴに入れる

アレグラ 180mg 10錠

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
2箱
1,710(8551箱あたり
51
カゴに入れる
4箱
3,080(7701箱あたり
92
カゴに入れる
6箱
4,100(6831箱あたり
123
カゴに入れる

成分一覧

フェキソフェナジン120mg
フェキソフェナジン180mg

商品詳細


こんな症状をお持ちの方へ

・つらい花粉症
・アレルギー性鼻炎
・アトピー性皮膚炎
・蕁麻疹(じんましん)



花粉症などのアレルギーの症状を緩和する治療薬


アレグラは、花粉症などのアレルギーのさまざまな症状に対し、「素早く」効き、「長く」持続します。

アレグラの有効成分フェキソフェナジン


アレグラの有効成分は「フェキソフェナジン」です。
花粉症などのアレルギーを引き起こす物質、ヒスタミンがH1受容体に結び付くことを阻害する効果があり、アレルギーにおける様々な症状を緩和する効果があります。

第二世代の抗ヒスタミン薬


アレグラは、従来の抗ヒスタミン薬と比べ、「即効性」だけでなく、「持続時間」と「副作用が少ない」のも特徴です。

従来の抗ヒスタミン薬特融の副作用、口の渇き、排尿障害、眠気を抑えることができます。

参考

アレグラ錠(外部リンク)


投与方法・使用方法

服用のタイミング


・空腹時に服用するのが正しい飲み方です。
※食後よりも空腹時の方が高い効果を発揮するとされています。
・一度服用後は、24時間以上の間隔をあけてください。

服用量目安


・1日1錠の服用。
・使用量や期間は、症状に合わせ医師にご相談ください。

推奨服用量


・国内での推奨されている認可量は60㎎を2回です。
・1日最大4錠まで服用可能とされていますが、日本人の体格であれば60㎎でも十分効果が期待できます。

アルコールの影響


・相互作用の報告はされていませんので、アルコールは問題ないとされています。
・しかし、薬とアルコールの同時接種は、アルコールの吸収・代謝の影響で、効果が出すぎたり、効果が弱まる可能性があるため、避けた方が安全です。

アレグラが服用できない方


・有効成分フェキソフェナジンに過敏症の既往歴がある方。

副作用

・主な副作用として、頭痛、吐き気、過敏症があげられます。
・重篤な副作用として、アナフィラキシー、肝機能障害、無顆粒球症などがあげられます。
・万が一、これらの症状が現れた場合、直ちに服用を止め、医師の診察を受けてください。

注意事項

併用禁忌


・現在は報告されておりません。

併用注意


アレグラジェネリックと併用するにあたり、注意が必要なお薬

・水酸化アルミニウム
・水酸化マグネシウム
・エリスロマイシン

メーカー

発送国

香港
上へ