デナマリン
  • デナマリン
  • デナマリン
  • デナマリン
  • デナマリン
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

デナマリン

更新日:
デナマリンはS-アデノシルメチオニンとシリビリンという2つの成分で肝臓をケアするサプリメントです。
重篤な副作用もなく、犬、猫ともに与えることができます。
  • 犬、猫の肝臓のサポート

有効成分:S-アデノシルメチオニン(SAM-e)、シリビンホスファチジルコリンコンプレックス(SPC)(シリビンA+Bを含む)

ご注文

デナマリン 猫・小型犬用 30錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
5,500(5,5001箱あたり
165
カゴに入れる
2箱
10,400(5,2001箱あたり
312
カゴに入れる
3箱
14,800(4,9331箱あたり
444
カゴに入れる

デナマリン 中型犬用 30錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
8,000(8,0001箱あたり
240
カゴに入れる
2箱
15,200(7,6001箱あたり
456
カゴに入れる
3箱
21,600(7,2001箱あたり
648
カゴに入れる

デナマリン 大型犬用 30錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
12,700(12,7001箱あたり
381
カゴに入れる
2箱
24,100(12,0501箱あたり
723
カゴに入れる
3箱
34,300(11,4331箱あたり
1,029
カゴに入れる

成分一覧

猫・小型犬用(6kg以下)
S-アデノシルメチオニン90mg、シリビン9mg

中型犬用(6~15.9kg)
S-アデノシルメチオニン225mg、シリビン24mg

大型犬用(16~55kg)
S-アデノシルメチオニン425mg、シリビンホスファチジルコリンコンプレックス(SPC)120mg(シリビンA+B 35mを含む)

商品詳細

●失われた肝機能を改善するサプリメント
デナマリンは肝臓の健康維持をサポートするサプリメントです。

肝臓は生命活動において非常に重要な器官で、代謝や解毒、胆汁の分泌などの働きがあります。
一部に損傷が起きても残りの部分で修復するため、必要な機能の3~4倍ほどの高い予備能力が肝臓には備わっています。

肝臓は大半を失ったとしても数ヶ月後には元の大きさに再生するなど、生体内において唯一の自己修復能力を持つ臓器です。
そのため、なにかしらの障害が起きても症状が現れることなく、表面的には正常に機能しているように見えてしまうのです。
肝臓は自己修復能力を超える損傷を受けたとき初めて身体的な症状が確認されますが、すでに重症化していることが大半です。

デナマリンはそのような深刻な肝臓の障害を防ぎ、大切な肝臓の健康維持が期待できるサプリメントです。

●2つの有効成分S-アデノシルメチオニンとシリビニン
・S-アデノシルメチオニン(SAMe)
S-アデノシルメチオニンは肝機能を高める抗酸化物質であるグルタチオンの濃度を増加させる物質です。
グルタチオンの強力な抗酸化作用により肝臓を保護する他、脳の髄液のグルタチオン濃度を高めることによるうつや認知症の改善の効果があるとされています。
犬の老化に関して調べた研究からは、老化は脳の髄液におけるS-アデノシルメチオニンの濃度の減少に関連していることが分かっています。

・シリビニン
シリビニンは、マリアアザミ(ミルクシスル)と言う地中海地方原産の花から抽出される「シリマリン」の主要な成分です。
シリマリンは古来から肝臓の健康維持に重宝されてきた成分で、抗酸化、抗炎症作用によって肝臓の再生をサポートします。
同時に、代謝、解毒、胆汁の分泌や生成と言った肝臓が本来持つ働きを高める効果があります。
シリビニンはシリマリンの50~70%を占める主成分であるため、シリマリンの効果はそのままシリビニンの効果であると言うことができます。

※大型犬用(16~55kg)のみメーカーとパッケージが異なりますが、同じ成分となります。

投与方法・使用方法

猫・小型犬用(6kg以下)
体重6kg以下: 1タブレット

中型犬用(6~15.9kg)
体重6~15.9kg: 1タブレット
体重16~29kg: 2タブレット

大型犬用(16~55kg)
体重16~29.9kg: 1タブレット
体重30~54.9kg: 2タブレット
体重55kg以上: 3タブレット

餌を与える少なくとも1時間前には与えてください。
食事とともに与えると吸収力は弱まります。
もし、ペットが嫌がるなどして与えるのが大変な時は、水気のある一口サイズの食べ物の中に入れて与えてください。
ペットに水を与えないようにする必要はありません。

副作用

特に副作用は報告されておりませんが、異常が出た場合は使用を中止し、獣医師または医師へ相談してください。

注意事項

・直射日光を避け、涼しい場所に保管してください。
・必ずペットの体重に合った用量をお守りください。
・異常が出た場合は使用を中止し、獣医師または医師へ相談してください。

メーカー

上へ