アドエアジェネリック(吸入器付き)
  • アドエアジェネリック(吸入器付き)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

アドエアジェネリック(吸入器付き)

更新日:
アドエアジェネリック(吸入器付き)は気管支喘息・慢性気管支炎・肺気腫の発作を抑える吸入タイプのお薬です。
ペットが原因の気管支喘息にも安心!
  • 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の治療

有効成分:フルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩

ご注文

アドエアジェネリック(吸入器付き) 125mcg

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,700(2,7001箱あたり
81
カゴに入れる
2箱
4,860(2,4301箱あたり
145
カゴに入れる
3箱
6,480(2,1601箱あたり
194
カゴに入れる

アドエアジェネリック(吸入器付き) 250mcg

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,150(3,1501箱あたり
94
カゴに入れる
2箱
5,670(2,8351箱あたり
170
カゴに入れる
3箱
7,560(2,5201箱あたり
226
カゴに入れる

成分一覧

フルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩

商品詳細

動物用ではなく人間用の商品です。

急な喘息の発作ほど苦しいものはないですよね。
病院に行かなくてもお取り寄せでき、ストックにぴったりなアドエアジェネリック(吸入器付き)。

アドエアジェネリックは吸入タイプの気管支喘息・慢性気管支炎・肺気腫の症状を抑えてくれるお薬です。

アドエアジェネリックの有効成分と効果


・フルチカゾンプロピオン酸エステル:気道の炎症を抑えます
・サルメテロールキシナホ酸塩:気道を広げます

こんな方におススメ


・自宅にいながら薬を取り寄せたい
・ジェネリックで価格を抑えたい

喘息の原因の一つとしてペットが挙げられます。
愛犬、愛猫とずっと一緒にいるためには病気と共存していかなければなりません。

ぽちたま薬局では、アドエアジェネリックをいつでもお取り寄せ可能です。

お買い得な詰め替え用のカートリッジもあります!
詳細はこちら⇒アドエアジェネリック(詰め替え用)の通販ページ

投与方法・使用方法

・吸入薬剤のセット方法
1.吸入器の穴にロタキャップ(薬剤)を奥まで差し込みます。

2.吸入器のマウスピースを持って、吸入器の底を回します。

3.錠剤が粉末状になれば、使用可能です。
※1本で約30回分です。

・吸引方法
1.マウスピースを口の中に入れ、ゆっくりと息を吐きます。
若干、顔を上に向け、ゆっくりと息を吸い込みます。
これと同時に吸入缶を押し出します。

2.肺がいっぱいになる程度まで息を吸い続けてください。

3.吸いきったら口から吸入器を抜き、息を10秒程度止めます。

4.最後にゆっくりと息を吐いてください。

・本剤は口腔内への吸入投与のみに使用してください。

・吸入後、うがいをするようにしてください。

・使用量の目安
12時間おきに1日2回吸引してください。

就寝前と朝もしくは昼に行う事をお薦めします。

発作が起きなくても、使用を続ける事で予防となりますので中止しないでください。

※症状や年齢によって用法が異なりますので注意してください。

副作用

嗄声、口腔カンジダ症、感染症、発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、口腔咽頭浮腫、味覚障害、心悸亢進、血圧上昇、不整脈、頭痛、振戦、睡眠障害、悪心腹痛、食堂カンジダ症関節痛、高血糖などがあげられています。

重篤な症状としてショック、アナフィラキシー、血清カリウム値低下、肺炎などがあげられます。

これらの症状が生じた場合は直ちに使用を中止し医師の診察を受けてください。

注意事項

・動物用ではなく人間用の商品です。

・異常がみられた場合は直ちに使用を中止して医師の診察を受けてください。

・セロフロを服用できない方
フルチカゾンプロピオン酸エステル、サルメテロールキシナホ酸塩対して過敏症の既往歴のある方

有効な抗菌剤の存在しない感染症、深在性真菌症の方

結核性疾患の方

・併用注意
併用注意薬はセロフロと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

CYP3A4阻害薬
CYP3A4による代謝酵素が阻害されることにより、フルチカゾンプロピオン酸エステルの血中濃度が上昇する恐れがあります。

カテコールアミン系アドレナリン作動薬
サルメテロールキシナホ酸塩のCmax、AUCが上昇する恐れがあります。

キサンチン誘導体、副腎皮質ステロイド、キサンチン系利尿薬
アドレナリン、イソプレナリン塩酸塩等のカテコールアミン併用により、アドレナリン作動性神経刺激の増大が起こり、そのため不整脈を起こす恐れがあります。

メーカー

上へ