森乳ゴールデンドッグミルク
  • 森乳ゴールデンドッグミルク
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

森乳ゴールデンドッグミルク

更新日:
森乳ゴールデンドッグミルクは、厳選された原材料のみで作られている幼犬用の特殊調整粉乳です。
成犬にも与えることができる、犬の母乳に近づけた総合栄養食です。
※当商品は宅急便配送のため、郵便局留めはご指定いただけません。
  • 犬用粉ミルク

有効成分:詳しくは成分一覧をご覧ください。

ご注文

森乳ゴールデンドッグミルク 130g

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
3,300(3,3001本あたり
99
カゴに入れる
2本
6,200(3,1001本あたり
186
カゴに入れる

成分一覧

乳たんぱく質、動物性脂肪、脱脂粉乳、植物性油脂、卵黄粉末、ミルクオリゴ糖、乾燥酵母、動物用ビフィズス生菌、ph調整剤、乳化剤、ラクトフェリン、イノシトール、L-アルギニン、L-シスチン、DHA、ビタミン類(A,D,E,B1,B2,パントテン酸,ナイアシン,B6,葉酸,カロテン,B12,C,コリン)、ミネラル類(Ca,P,K,Na,Cl,Mg,Fe,Cu,Mn,Zn,I)、ヌクレオチド、香料(ミルククリーム)

商品詳細

●犬の母乳に近い粉ミルク
森乳ゴールデンドッグミルクは、厳選された原材料のみで作られている幼犬用の特殊調整粉乳です。
成犬にも与えることができる、犬の母乳に近づけた総合栄養食です。

生まれたばかりの幼犬も森乳ゴールデンドッグミルクを与えることだけで哺育ができます。
乳糖が調整されておるので犬のお腹にも優しく、特殊な加工技術により溶解性にも優れています。

●豊富な栄養
幼犬が森乳ゴールデンドッグミルクのみでも十分な栄養が取れるように、各種栄養素が豊富に含まれています。

・ラクトフェリン
タンパク質の1種で、生体の防御に効果があります。

・ヌクレオチド
多くの生理機能に対して働き、DNAの構成単位でさまざまな機能性を持ちます。
ゴールデンドッグミルクに含まれているヌクレオチドはさらに強化されています。

・DHA
ドコサヘキサエン酸とも言われ、海水魚の魚油に多く含まれている脂肪酸です。
主に炎症を抑える効果があり、皮膚や関節、心臓、腎臓などに働きます。
また、成長期では神経細胞の細胞膜の構成成分として、これらの正常な発達を促します。

・イノシトール
母乳にも多く含まれている成分で、ビタミンB群の1種とも言われています。
神経細胞を保ち、犬の健やかな発育をサポートします。

・ビフィズス菌
腸内環境を整えたり、免疫力を向上させます。

・ミルクオリゴ糖
ビフィズス菌の増殖を促す働きがあります。

投与方法・使用方法

・誕生直後の体重が100gの超小型犬
1回あたりの量
生後1日~5日   1.5g
生後6日~10日   1.5g
生後11日~15日  2g
生後16日~20日  3.5g
生後21日~25日  4.5g
生後26日~30日  5.5g

・誕生直後の体重が250gの小型犬
1回あたりの量
生後1日~5日   3g
生後6日~10日   3.5g
生後11日~15日  4.5g
生後16日~20日  8.5g
生後21日~25日  11g
生後26日~30日  14g

・誕生直後の体重が350gの中型犬
1回あたりの量
生後1日~5日   4g
生後6日~10日   5g
生後11日~15日  6.5g
生後16日~20日  12g
生後21日~25日  15.5g
生後26日~30日  19.5g

・誕生直後の体重が400gの大型犬
1回あたりの量
生後1日~5日   4.5g
生後6日~10日   6g
生後11日~15日  7.5g
生後16日~20日  14g
生後21日~25日  17.5g
生後26日~30日  22.5g

・誕生直後の体重が550gの超大型犬
1回あたりの量
生後1日~5日   6g
生後6日~10日   8g
生後11日~15日  10g
生後16日~20日  19g
生後21日~25日  24g
生後26日~30日  30.5g

いずれも、生後1日~15日までは1日6~8回与えるようにしてください。
生後16日~は1日4回~5回与えるようにしてください。
離乳期の幼犬や成犬に与える場合には使用しているフードの1日の総カロリーの20%以内で与えるようにしてください。
また、適度な濃度に溶解して与えるか、そのまま食事に振りかけるようにしてください。

副作用

特に報告されていませんが、異常が出た場合には使用を中止し、獣医師または医師へ相談してください。

注意事項

異常がみられた場合は使用を中止し、速やかに獣医師にご相談ください。

メーカー

上へ